グルコサミンとコンドロイチンの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加  

グルコサミンとコンドロイチンの違いを比較してみる

グルコサミンとコンドロイチンは関節周りの症状軽減などへの効果が期待できる共通した成分に思われがちですが、働きかけにそれぞれ違う特徴があります。おおまかにいうと、グルコサミンがコンドロイチンの生成に一役買うといった構図です。

 

コンドロイチンの働き

そもそも、コンドロイチンとはムコ多糖類の一種で体内の関節・軟骨の構成成分に属します。

 

加齢による軟骨のすり減り・分解作用を食い止める役割をしており、自らが軟骨を生成し再生する力は持ちません。軟骨成分であるという認識が正しいようです。

 

また、年齢とともにコンドロイチンは減少傾向にあるので、この食い止める役割が薄れてしまい結果として関節痛などを招いてしまいます。

 

グルコサミンの働き

グルコサミンはコンドロイチンのように体内成分にもとから属さない、サポートメンバーです。アミノ酸が結合してできたアミノ糖の一種で、軟骨そのものを再生促進させる働きを持っています。

 

その働きは軟骨成分であるコンドロイチンに作用するもので、関節が動くときに起こる摩擦により軟骨がすり減っていく現象を保護します。

 

厳密にいうと、グルコサミンは単体では働くことができないので、N−アセチルグルコサミンという肌や関節に含まれる体内成分に変化して、コンドロイチンの大きなサポートメンバーになります。これによって、軟骨のクッション性が再生されるのです。

 

グルコサミンとコンドロイチンはセットアップで力を発揮する

グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチンのそれぞれの働きをみていく中でいえるのは、二つの成分はお互いになくてはらない存在であることです。どちらかが欠けると、軟骨の再生を促進する能力が発揮されないといっても過言ではありません。

 

実際に関節予防の観点からサプリメントを摂取する際には、コンドロイチンとグルコサミンの両方のサプリメントを服用することが推奨されています。大手サプリメントメーカーの調べによると、二つの成分服用によって相乗効果が格段に期待できるとあります。

 

グルコサミンにおいてはさらにN−アセチルグルコサミンにすることで3倍も成分吸収率が高まるとの報告もあり、変形性膝関節症などの治療に明るい兆しが届けられています。摂取するにあたって、体内成分と同じものがいかに有効かがわかります。

関連ページ

 N−アセチルグルコサミンとは?

 

日常の食生活から摂取できる天然のサプリメント

グルコサミン

甲殻類の殻が代表的ですので摂取が難しい面があります。この他にもグルコサミンを含む食品があるので、普段の食事に取り入れやすいもので摂取しましょう。

 

有効食品

山芋、干しエビ、うなぎ、鶏軟骨、オクラ、納豆、きのこ、イカ軟骨、フカヒレ

 

コンドロイチン

コンドロイチンを含む食品はグルコサミンを含む食品と共通したものが多くみられます。

 

有効食品

ウナギ、ヒラメ、ナマコ、鶏皮、山芋、里芋、納豆、なめこ、オクラ、フカヒレ

 

グルコサミンやコンドロイチンを含む食品を摂るうえで、良質のたんぱく質を並行して取ることも大切です。体に良いものだけをたべても功を奏しません。バランスよく食べるスタイルを常に意識しましょう。

 

 

次のページでは…

色々なサプリメントを見ていると、植物性と動物性の2種類のグルコサミンを見かけますが、どのような違いがあるのかを調べてみましたので、お伝えしたいと思います。

 

植物性グルコサミンと動物性グルコサミンの違いは?各特徴をチェック



グルコサミンとコンドロイチンは似たような成分に思われがちですが、どういった違いがあるのか、働きや含有食材などで比較してみました。