グルコサミンサプリをグルコサミン含有量順に紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1日分のグルコサミン含有量が多い順番に紹介

 グルコサミンの1日の摂取量

グルコサミンの1日に必要な摂取量が1500mgと言われていることから、サプリメントを選ぶ際には1日分のグルコサミン量が1500mgに近いくらい配合されている商品を候補に入れておきましょう。

 

ちなみにグルコサミンに関する臨床試験でも、1,500mg/日を投与して検証されているデータが多くあります。

 

下記の比較表では、各グルコサミンサプリの1日の摂取量に含まれるグルコサミン含有量が多い順番にご紹介しています。

 

あとグルコサミンの原料の種類も一緒に記載しており、動物性と記載している商品はカニやエビ、植物性と記載している商品はトウモロコシなどの植物由来のグルコサミン原料を使われているということで、植物性ならカニやエビアレルギーの方でも安心して摂ることが可能です。

 

グルコサミンサプリ一覧

商品名

グルコサミン

原料の種類

薬日堂 グルコサミン&コンドロイチンゴールド

2,000mg

動物性

小林製薬 グルコサミン&コラーゲンセット

1760mg

動物性

活歩潤

1500mg

動物性

アサヒ グルコサミンEX

1500mg

動物性

大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲン

1500mg

動物性

大正グルコサミン

1500mg

動物性

四季潤

1500mg

動物性

グルコサミンMPB

1500mg

動物性

井藤漢方製薬 グルコサミン&コンドロイチン

1500mg

動物性

ネイチャーメイド グルコサミン

1500mg

動物性

オリヒロ 高純度グルコサミン粒

1500mg

動物性

山田養蜂場 グルコサミン&コンドロイチン

1500mg

動物性

ヤクルトのグルコサミン

1500mg

植物性

ビーアップル グルコサミン15

1250mg

動物性

インビューティ 発酵グルコサミン+コラーゲン

1220mg

植物性

協和発酵バイオ 発酵グルコサミン

1200mg

植物性

健康家族の植物生まれのグルコサミン

1200mg

植物性

サントリー グルコサミン&コンドロイチン

1200mg

動物性

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチン

1200mg

動物性

ソヤファーム グルコサミン&ペプチド

1200mg

動物性

ユウキ製薬 グルコサミン粒

900mg

動物性

AFC 500シリーズ グルコサミン

757.5mg

動物性

やわた 国産グルコサミン

750mg

動物性

マルハニチロ食品 コンドロイチン&グルコサミンリッチ

約667mg

動物性

キューピー ヒアルロン酸&グルコサミン

600mg

動物性

野口医学研究所 グルコサミン

600mg

動物性

久光製薬 MSM+グルコサミン

450mg

動物性

理研 グルコサミンMX+ビタミンE

450mg

動物性

 

理研 グルコサミンMX+ビタミンEに関しては、約1/3のグルコサミン量で同等以上の力を発揮する独自の組み合わせを発見されたことで、グルコサミン含有量は少なくなっています。

 

グルコサミンサプリをグルコサミン含有量の多い順番に並べてみると、「漢日堂 グルコサミン&コンドロイチンゴールド」の2000mgというのが1番多いという結果になりました。

 

ただ1日の摂取数が12粒と多いのでこの辺りがネックになりそうです。

 

それなら「小林製薬 グルコサミン&コラーゲンセット」だとグルコサミン含有量が1760mgと240mg少なくなりますが、1日7粒と摂取数は少ないのでおすすめかなとは思います。

 

1日分のグルコサミン含有量が多いと言う事は、摂取数も多くなる傾向にありますので、この辺りも確認しておきましょう。

 

N-アセチルグルコサミンサプリ一覧

N-アセチルグルコサミンに関しては、グルコサミンよりも身体に身に付く率が3倍とも言われていますので、グルコサミン1500mgとN-アセチルグルコサミン500mgが同程度と解釈できるかなと思います。

 

N-アセチルグルコサミンとは?

 

商品名

N-アセチルグルコサミン

原料の種類

サンポス

1800mg

動物性

ニッスイ かんで食べるグルコサミン

1500mg

動物性

UMI N-アセチルグルコサミン

1000mg

動物性

ステラ漢方のグルコサミン

750mg

動物性

暮らしの匠 サプリメント

600mg

動物性

タマゴサミン

400mg

動物性

 

次にN-アセチルグルコサミンサプリの含有量についてですが、もっとも多かったのは、「サンポス」の1800mg、次いで「ニッスイ かんで食べるグルコサミン」となりました。

 

「サンポス」はゼリータイプで食べやすいのでおすすめで、「ニッスイ かんで食べるグルコサミン」もラムネのように噛んで食べるタイプなので、こちらも食べやすくなっています。

 

お手軽さで言うと、ハマちゃん的には「ニッスイ かんで食べるグルコサミン」かなと思います。

 

あとは価格面なども考慮して選ぶようにしてください。

 

 

次のページでは…

次のグルコサミンサプリの商品比較として、グルコサミン含有量と同じくらい大切な「飲みやすさ」について、【粒の大きさ】【1日の摂取量】【臭い】の3つの基準から、ハマちゃんが飲みやすいと思った順番にご紹介しています。

 

グルコサミンサプリを飲みやすさで比較




グルコサミンサプリの1日の摂取量でグルコサミンが多く含まれている順番に並べています。比較をしたい方はぜひ参考にして頂ければと思います。