グルコサミンサプリをコンドロイチン含有量順に紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1日分のコンドロイチン含有量が多い順番に紹介

コンドロイチン量

コンドロイチンは、グルコサミンと同様に関節炎をサポートする働きが期待されていることから、一緒に配合されている商品も販売されています。

 

ただグルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取したからと言って、何らかの相乗効果が期待できるかどうかはまだ明らかにされていませんが、特に大手製薬会社や食品メーカーの場合、独自に研究開発を行い、最適な組み合わせ量を検証して発売されている場合もあります。

 

下記の比較表では、各商品の1日の摂取量の中で、コンドロイチン含有量が多い順番にご紹介していますので参考にして頂ければと思います。

 

コンドロイチンとの違いについては、「グルコサミンとコンドロイチンの違いは?」のページにて書かせて頂いていますのでこちらも参考にして頂ければと思います。

 

グルコサミンサプリ一覧

商品名

コンドロイチン量

グルコサミン量(参考)

マルハニチロ食品 コンドロイチン&グルコサミンリッチ

600mg

約667mg

大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲン

約320mg

1500mg

井藤漢方製薬 グルコサミン&コンドロイチン

245mg

1500mg

薬日堂 グルコサミン&コンドロイチンゴールド

220mg

2000mg

アサヒ グルコサミンEX

125mg

1500mg

四季潤

100mg

1500mg

インビューティ 発酵グルコサミン+コラーゲン

64mg

1220mg

グルコサミンMPB

60mg

1500mg

山田養蜂場 グルコサミン&コンドロイチン

60mg

1500mg

サントリー グルコサミン&コンドロイチン

60mg

1200mg

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチン

60mg

1200mg

キューピー ヒアルロン酸&グルコサミン

60mg

600mg

ヤクルトのグルコサミン

40mg

1500mg

やわた 国産グルコサミン

7.5mg

750mg

 

軟骨革命については、不明な点がいくつかあることから、比較対象外としています。

 

グルコサミン以外にコンドロイチン含有のサプリを一覧表示してみましたが、商品数はそれほど多くなく、「マルハニチロ食品 コンドロイチン&グルコサミンリッチ」で600mg、それ以外はコンドロイチン含有量が200mg以下の商品がほとんどでした。

 

「マルハニチロ食品 コンドロイチン&グルコサミンリッチ」の場合、グルコサミンの量も同じくらいの量なので、どちらの成分も中途半端感がありますね。

 

以上の事から、グルコサミン以外にコンドロイチンも摂取したいと考えているなら、グルコサミンのみが配合されている「大正グルコサミン」などと別にコンドロイチンが主成分のサプリを別途購入する方がいいのではないかなと思いました。

 

 

次のページでは…

次のグルコサミンサプリの商品比較として、コンドロイチンと同様に関節軟骨の形成に関わっているMSM含有量の多い商品順にご紹介しています。

 

グルコサミンサプリをMSM含有量で比較



当サイトで紹介していないコンドロイチンが多いサプリをピックアップ

当サイトで取り扱っていない商品をネットで色々探してみた所、国内製の商品ではありませんが、海外製のグルコサミンサプリの場合いくつか見つかりましたのでご紹介しておきます。

 

Source Naturals グルコサミン コンドロイチン+MSM(120粒/40日分 3500円前後)

グルコサミン 1500mg、グルコサミン硫酸 1200mg、MSM 800mg、ビタミンC 250mgという配合量となっていました。

 

Thompson社 グルコプロ 900(60粒/20日分 1600円前後)

グルコサミン 1500mg、グルコサミン硫酸 1200mgという配合量となっていました。

 

カークランド グルコサミン 1500mg & コンドロイチン 1200mg(220粒/約110日分 4300円前後)

グルコサミン 1500mg、硫酸コンドロイチンNa(ウシ由来) 1200mgという配合量となっていました。

 

やはり海外産のグルコサミン配合サプリメントは配合量が違いますね。

 

ハマちゃんの場合日本人向けとなるとやはり国内製の商品の方がなんとなく品質面や安心感などの面でいいような気がしましたので、海外製の商品は購入した事がなかったのですが、今後はいくつか良さそうな商品があればピックアップしてレビューしようかなと思います。


グルコサミンサプリの1日の摂取量でコンドロイチンが多く含まれている順番に並べています。比較をしたい方はぜひ参考にして頂ければと思います。