グルコサミン摂取による副作用まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

人体への副作用について

グルコサミン摂取を検討されている方にとって気になるのが副作用に関する事ではないでしょうか。多くの場合は安全のようですが、下記のような副作用を起こす可能性はあるようです。

 

便秘や下痢、お腹の張り、胸やけなどの軽い症状。

 

下痢の男性

 

その他眠気や皮膚の異常、頭痛などが起こる場合もあるようです。

 

その時の体調や個人差はあると思いますが、上記のような副作用が現れた場合は、摂取するのを控えておいた方がよいでしょう。

 

長期服用による副作用は?

グルコサミンを長期服用した場合に重篤になったというような副作用は今のところないようです。

 

いくつか書籍で確認しても長期服用に関する注意点などの記載はありませんでした。

 

過剰摂取による副作用は?

体内での影響

グルコサミンの標準的な摂取量は、1日1500mgと言われていますが、多少摂りすぎても元々体内で生成される物質なので、代謝の仕組みができていてそこまで心配する必要はないようです。

 

あとある調査で通常摂取量の3倍に当たる、1日4500mgのグルコサミン塩酸塩を投与して検査した結果、自覚症状や健康状態に異常がなかったというデータもあるようです。

 

ただ一時的に摂取した場合の調査であって、1日4500mgを継続して服用した場合の人体への影響を調査されたわけではないので、グルコサミンサプリを摂取する場合は、商品に記載されている摂取量を守って服用するようにしましょう。

 

若い方のグルコサミン摂取には注意が必要

ある研究機関に書かれていましたが、若い人が長期間グルコサミンを摂取し続けると、自然な軟骨再生力が低下する可能性があるようです。

 

例えば若い方が膝に怪我をして、完治するまでの間グルコサミンを摂取しているのは問題ないけど、そのまま継続して摂取し続けるの良くないということです。

 

 

次のページでは…

グルコサミンは比較的安全性が高いことは分かってもらえたと思いますが、服用の際に注意した方がよい人もいますが、その辺りについてお伝えしています。

 

グルコサミンサプリを飲む前に!注意した方がよい人とその理由



グルコサミンを摂取することで人体に何らかの副作用はあるのか、長期摂取や過剰摂取による影響などについてもお伝えしています。