グルコサミンサプリで医療費控除は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

グルコサミンは医療費控除対象外〜コストをかけない為の対策〜

辛い関節痛の症状緩和にグルコサミンのサプリメントを利用されている方も多いようですが、長期間の服用になるため購入費用の年間総額が膨らみがちです。

 

平均して10万円は軽く足がでることから医療費控除の申請をしたいところですが、今現在グルコサミンは栄養補助食品としての認識になっているため適用が効きません。医薬品の扱いを受けたものだけが医療費控除の適用範囲に入るのです。

 

欧米ではすでにグルコサミンは関節痛の治療薬の扱いになっており、保険適用の認可がおりています。早く日本においても治療薬としての概念が認識されることを願ってやみません・・・。

 

コストをかけない対策

毎日の運動を心掛ける

散歩をする男性

整形外科のドクターも毎日の軽い運動や体操を症状改善のために推進しています。

 

痛みがある状況では体を動かすことは酷かもしれません。しかし、痛みに身を委ねてばかりいると、症状は増々悪化傾向に陥ります。

 

筋肉が使われなくなると代謝が悪くなり、血行不良しいては思わぬ疾病に派生します。ふくろはぎの筋肉を動かすことが心臓をめぐる循環作用をスムーズにすることがわかってきています。

 

簡単な散歩でも十分ですので、毎日体を動かす習慣づけをしましょう。

 

ドクターによっては、肩こりや腰痛など部分部分の体躁リーフレットをいただくことができます。一度、相談してみるとよいですね。

 

食事からグルコサミンを摂取する

オクラ

グルコサミンは普段の食事からも摂取が可能です。

 

甲殻類の殻からとったキトサンは干し海老から、その栄養をもらいましょう。すりごまとあえてフリカケにするのもお勧めです。

 

納豆やオクラ、雌株、なめこなど、ねばねば系のグルコサミンはパワー一杯で、毎日の食事に重宝しそうです。

 

コンドロイチンを代用することで医療費控除を受ける

薬剤師

関節に良い成分はグルコサミンだけではありません。

 

実はグルコサミンは関節や軟骨の成分であるコンドロイチンの働きを促進させるものなので、コンドロイチンのサプリメントに関しては一部関節の治療薬として第3医薬品の扱いを受けています。

 

医療費控除の対象となりますので、もしお考えの場合は薬剤師やかかりつけのドクターに相談して、服用を切り替えるか検討してみてもよいですね。

 

今のところ2つのメーカーで第3医薬品としてのコンドロイチンが発売されています。

コンドロイチンZS錠/ゼリア新薬工業株式会社

一日分の必要摂取量と同等の1560rのコンドロイチンを摂ることができます。

 

グルコンEX錠/日本薬師堂

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、ビタミンB1硝酸塩、ガンマオリザノールの3大有効成分を用いることで膝、肩、腰などの関節部分の痛みに特化しています。

 

第3医薬品は重篤な副作用の懸念がないことからインターネットでの購入も可能です。しかし、身体症状によっては副作用が出るケースもあるので注意が必要です。

 

以下の方は使用は控えましょう。

・妊娠している方
・授乳中の方
・小児
・療養治療中の方
・喘息のある方
・心筋梗塞、脳卒中で抗凝固薬を服用中の方

 

 

次のページでは…

グルコサミンに関する疑問は解消されたでしょうか?もし他に気になる点などがあれば、コチラのお問い合わせフォームから質問してくれれば、ハマちゃんでわかる事ならアドバイスさせて頂きます。

 

もしグルコサミンに関して疑問が解決できて、グルコサミンサプリを試してみようと考えている方は、購入する前に確認しておきたいポイントについてまとめていますので参考にしてもらえればと思います。

 

グルコサミンサプリメントを購入する際の注意点



関節痛の改善にグルコサミンのサプリメントを摂取している場合、医療費控除を受けることができるのかをお伝えしています。