グルコサミン摂取に関する疑問一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加  

グルコサミン摂取に関する疑問一覧

グルコサミンは何歳から摂取するべき?

グルコサミンは年をとるごとに体内で作られる量も減少していきます。

 

そして関節軟骨の磨耗によって起こる変形性膝関節症が中高年になると急に増えることを考えると、やはり40代以降の方はグルコサミンを摂取しておくべきではないかなと思います。

 

反対に20代などあまり早くからグルコサミンを摂取し続けていると、軟骨の再生能力が弱まる可能性があるというデータが存在するようなので、若いうちから摂取する必要はないと思います。

グルコサミンの1日の摂取量は?

体重55kg〜90kg程度の方

グルコサミンの1日に必要な摂取量 1500mg程度

 

54kg以下の方

グルコサミンの1日に必要な摂取量 1000mg程度

 

90kg以上の方

グルコサミンの1日に必要な摂取量 2000mg程度

コンドロイチンとの相乗効果は?

海外や国内のグルコサミンに関する臨床試験のデータを見てみると、「グルコサミンだけを摂取させた方」と「グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取させた方」など、2〜3パターンに分けて研究をされていることが多く、グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取することで、ある痛みの改善が認められたというような研究結果が確かにあります。

 

ただグルコサミンとコンドロイチンを含めて他の成分と一緒に摂取することで、相乗効果が見られたというデータ数が不十分な為、まだ多くの研究が必要な状況で、相乗効果があると結論付けはできていないようです。

 

 

次のページでは…

グルコサミン摂取に関する疑問は解消されましたか?

 

いよいよ各商品ごとのデータを確認しながら、自分に合った商品を選んでいくことになりますが、各個別商品のページをチェックする前に確認しておきたい補足情報を下記にまとめてお伝えしていますので参考にして頂ければと思います。

 

各グルコサミンサプリの検証ページを読む前に



グルコサミンのサプリメントを摂取しようと考えている方向けが気になる疑問についてまとめてお伝えしています。