変形性膝関節症の治療・改善法まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

症状によって異なる治療法や改善法について

膝に痛みが生じて関節が動きにくくなる変形性膝関節症は非常に厄介な疾患になるのですが、どのような治療や改善方法があるのでしょうか。

 

対症療法でまず症状緩和を

まず病院で行われる基本的な治療としては、個々の状態に応じて薬物療法・温熱冷却療法・運動療法・外科的療法などが行われることになります。

 

薬物療法は根本的に治すのではなく症状を抑えてより楽に生活をするための対症療法になり、内服薬・外用薬・座薬などの消炎鎮痛剤が処方されることになります。

 

続いて温熱・冷却療法もまた根本的に治すのではなく、急性の痛みが生じ患部が炎症を起こしていた場合には冷却することで炎症を抑え、また温熱療法は風呂・温湿布などを用いて患部を温め関節の動きをスムーズにします。

 

また運動療法は症状を緩和するとともに関節の動きをよくして動きやすい体をつくるとともに、血行促進することで炎症を引き起こした物質を体外に排出させ新陳代謝を促す効果がありますので、根本的に治すことにつながります。

 

ただ過度な負担は禁物になりますのでご自身の勝手な判断で運動することはできず、医師の指示のもとできる範囲の運動から徐々に行うことになります。

 

症状が重くなると外科的治療も視野に

基本的には上記のような療法が行われるのですが、いずれも症状の改善が見られない場合には外科的療法が行われることになり、問題の部位に直接治療を行いますので根本的な治療が可能になります。

 

例えばO脚を原因として変形性膝関節症が生じた場合には高位頚骨骨切り術、関節の変形が大きい場合には人工膝関節置換術、変形や損傷の程度が少ない場合には関節鏡視下郭清術などが行われることになります。

 

またそれ以外にご自身でできる変形性膝関節症の改善方法としては、体重を落とすダイエットや運動不足の解消、さらには足の状態に合わせた靴選びやサポーターを利用するなど様々あげられます。

 

ただいずれの改善方法を行う場合でも主治医への確認は必要になりますので、機器などを購入する前に相談しておきましょう。

 

関連コンテンツ


変形性膝関節症を治す為の一般的に行われている治療法から症状が重くなった場合や改善法などについてまとめてご紹介しています。