変形性膝関節症への針治療の作用について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

針治療の作用について

針治療とは身体の特定の場所に鍼を刺入ることにより、症状を抑えることを目的とした治療法です。

 

この治療法は中国より伝承したもので、すでに石器時代から骨や竹を針状に加工して治療に用いられていたとされており、経絡や陰陽論などと結びつく中で治療法として確立されました。

 

日本には奈良時代の遣唐使によりもたらされ以降は医療の一貫として定着するようになり、また国際的にも世界保健機関(WHO)により特定の疾患に対して治療が有効であることが確認されています。

 

現在、国内では針治療を行うためにははり師の国家資格が必要になり、病院で医師から治療を受けるのと同様に鍼灸院で施術を受けることができますので、治療に訪れる方も非常に多くおります。

 

変形性膝関節症を針治療で

ではこの針治療を受けた場合には変形性膝関節症は治るのでしょうか。

 

変形性膝関節症に対する治療では関節の痛みを取り除くことや関節の変形を抑えることを目的とし、痛みは経絡を流れる気血に滞りがあることを原因として捉え、膝関節の周囲にある筋肉に生じた鬱血や圧痛を軽減させるためのツボを目当てに鍼を刺入して治療を行います。

 

またツボに針を刺入ることにより痛みを抑えるだけでなく関節回りや足全体の血液やリンパ液の流れを促進させる作用もありますので、関節周りにたまった水を押し流すことにも繋がります。

 

さらに体重が増加したことで膝に過大な負担がかかっている方の場合はダイエットを目的としたツボにも針を刺入れますので、体重を落とし膝への負担を軽減させることにもつながります。

 

鍼治療はあくまで対症療法の範囲

ただこの針治療は必ずしも変形性膝関節症が治るわけではなく、例えば体重や膝に溜まった水などが原因の場合は問題を取り除くことも可能になるのですが、大抵は病院での治療と同様に対処療法にとどまることになります。

 

痛みを抑えることはできるものの、根本的な治療にはつながらないことから治らないケースも多くなりますので、針の施術を受けると共に病院にも通い、双方の治療を受けた方がより確実で安心できます。

 

関連コンテンツ


変形性膝関節症に対して針治療を行う事でどういった作用が期待できるのかをご紹介しています。