変形性膝関節症の検査法の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加  

病院での検査法の種類や特徴について

膝に違和感を覚える時には変形性膝関節症の疑いもある一方で、膝を酷使したことによる一時的な疲労や他の疾患なども考えられるのですが、症状の有無を確認するためにはどのような検査方法があるのでしょうか。

 

やはり早期発見がカギ

まずご自身で症状の有無を確認する方法についてですが、初期症状では膝の違和感、中期症状では膝の痛みが顕著に表れるとともにひざが曲がらなかったり伸びきらない状態になることが一つの判断材料としてあげられます。

 

こうした異変が生じた場合には湿布を張ったりサポーターを装着するなどご自身でできる簡易な対処法で終わらすのではなく、病院で医師の診察を受けることが重要になります。

 

特有の検査方法でしっかりと診断出来る

続いて病院で行う変形性膝関節症の検査方法についてですが、まずは医師よる問診・視診・触診などが行われることになります。

 

医師の場合は患者さんが診察室に入ろうとする際の歩き方を見るだけでおよそ見当がつく場合もあり、問診ではどのような症状であるか、細かな状態について、また足や膝に関わる既往症などについても聞かれることになります。

 

触診では関節部分の状態や膝がどこまで曲がるのか、また変形した部分の確認なども行われます。

 

ただいずれも外部から見ただけでは判断できるものではなく、内部の状況をより細かく確認するためにエックス線撮影・MRI検査や関節液検査などの検査方法が行われることになります。

 

まずエックス線撮影・MRI検査とは体の内部を通過したX線や磁気を映し出し内部構造を画像化させたもので、骨がどのように変形しているのか、また関節のすき間にある軟骨がどの程度擦り減っているかなどを確認することになります。

 

さらに関節液検査は膝が炎症を引き起こし腫れている場合に行う検査になり、内部にある関節液を注射器で抜き出して成分を検査し、そこから関節内の症状について確認を行うことになります。

 

ひざに痛みを感じる原因としてはリウマチなども挙げられるのですが、この検査を行うことにより他の疾患と混同されず変形性膝関節症が生じていると特定されることになります。

 

関連コンテンツ


変形性膝関節症の病院で受けられる検査方法の種類や特徴などについてご紹介しています。