変形性膝関節症で使われる治療薬の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加  

治療薬の種類や各特徴について

病気を治癒するためには医薬品の服用は重要になり、医師より処方された薬を服用することで治癒を早めることができます。

 

ただ意外と知られていないのですが、治療薬の中には病気を治すことを目的としたものではなく痛みを抑えるなどの対症療法を目的としたものも多くあり、代表的なところでは風邪薬などがあげられます。

 

これは変形性膝関節症の場合も同様で、病気そのものを治すのではなく痛みを抑え炎症を抑えることを目的としているのですが、病院ではどのような治療薬が処方されるのでしょうか。

 

内服薬は長期的な治療に

まず内服薬についてですが、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)であるソレトン・ボルタレン・ロキソニン・オステラックなどが多く処方されます。

 

いずれも慢性的に感じる痛みに有効となるのですが、鎮痛の効果が表れるまではやや時間を要するため、急な痛みについては対応が難しくなります。

 

外用薬はペインコントロール

続いて外用薬についてですが、主に塗り薬・貼り薬・坐薬などが処方されます。

 

いずれも皮膚からの吸収が早い経皮的消炎鎮痛剤(非ステロイド系)が含まれており、塗布することで素早く痛みを取り除くことができるのですが、体の奥深くには薬が行き届かないことや強い痛みには効き目が薄いことなどがデメリットとなります。

 

塗り薬ではモビラートゲル・インテバンクリームなどが、冷感湿布ではセルタッチ・アドフィード、温感湿布ではモムホット・ハリホット、テープ剤ではファルケン・モーラス、坐薬ではボルタレン坐薬・インダシン坐薬などが多く処方されます。

 

また変形性膝関節症に対してはそれ以外にも関節内に直接注射する場合もあり、ヒアルロン酸やステロイドの注入が行われることがあります。

 

ヒアルロン酸は関節を保護し動きを滑らかにするとともに消炎鎮痛作用があり、またステロイドは抗炎症作用にともなう強い鎮痛作用があります。

 

こうした変形性膝関節症の治療薬は様々ありますが、いずれも患者さんの状態により何を使用するかは大きく異なり、またご自身の判断で途中で服用を止めるなど勝手なことは行わず医師の指示に従うことが重要になります。

 

関連コンテンツ


変形性膝関節症の薬物療法で使われる治療薬にはどういったものがあるのか、各種類別の特徴などについてご紹介しています。