変形性膝関節症の温熱療法と冷却方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加  

温熱療法と冷却方法の特徴について

人間の身体は動作をするうえで体温を維持することが重要となり、また怪我をしたり病気に罹った際にも体温管理が重要になるのですが、変形性膝関節症の治療を行う場合にもまた体温は大きく関係しています。

 

温熱療法の方法

変形性膝関節症を治療する際には様々な療法があるのですが、その中には関節の痛みや炎症を抑えることを目的とする温熱療法も行われており、病院だけでなく自宅で手軽にできる効果的な療法として盛んにおこなわれています。

 

これは打ち身やねんざなどの治療でも行われていることで一般的には湿布が用いられる事になるのですが、膝の関節症の場合は患部が肌の奥深くにありますので熱が届きにくく、ホットパックやホットタオルを用いてじっくりと時間をかけて温めたり、お風呂で温浴するなどの方法で体を温めます。

 

この温熱療法は単独で行うものではなく、リハビリなど運動する前に体を温めることでより高い効果を発揮することになり、関節可動域の維持につながります。

 

温めるだけではなく冷却も

また変形性膝関節症の治療に際しては体を温めるだけでなく冷却することもあるのですが、双方にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

これは打ち身やねんざをした場合に温湿布と冷湿布のどちらを使うべきかで考えるのと同様で、どちらを行ったかにより症状を悪化させることもあるのですが、変形性膝関節症の治療では慢性的な疾患に対して体を温める温熱療法が行われることになり、一方で急に痛みを感じ患部が熱を持ち腫れ上がった場合には冷却する事になります。

 

病院での冷却方法は冷却システムを備えた機材を用いる事になり、患部に冷却水が循環してきますので効果的に冷やすことが可能になります。

 

またご家庭で急性の痛みを感じた場合の冷却方法としては、二重にしたビニール袋に氷と少量の水を入れて口をしっかりとしばり、ビニール袋を直接患部にあててその上からバスタオルを巻きつけ足に固定します。

 

この冷却方法を行う場合にはおよそ20分から30分ほど冷やすことになりますので、途中で冷たさからくる痛みを感じてもやめることなく時間いっぱいまでしっかりと冷やしましょう。

 

関連コンテンツ


変形性膝関節症の治療法の一つである温熱療法と冷却方法の特徴などについてご紹介しています。