変形性膝関節症のリハビリ法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加  

リハビリ法の種類や各特徴について

変形性膝関節症を改善するためには医師の治療のもと保存療法か手術療法のどちらかを受けることになり、動作がまったくできないなど症状が悪化していない限りは保存療法を選択する事になります。

 

この保存療法にもいくつかの種類があり、薬物療法・物理療法・装身療法・リハビリテーションなどいくつかを個々の人の状態に合わせて効果的に療法を組み合わせることになります。

 

そのなかでも機能回復訓練であるリハビリに励むことは非常に重要になるのですが、具体的に同様なリハビリ法がおこなわれるのでしょうか。

 

リハビリの目的は進行を抑えることから

まずリハビリ法の目的についてですが、膝の痛みを軽減させるとともに変形性膝関節症の進行を抑制することを目的としています。

 

特に肥満体質の方の場合は体重を減らすとともに筋力をつけることが重要になるのですが、ただ単に体を動かしたり運動すればよいわけではなく、膝を守り効果的な運動をする必要がありますので、医師や専門家の指示の元で体を動かすことが重要になります。

 

続いてリハビリ法の内容についてですが、主に関節の動かせる範囲を広げる可動域訓練と、関節を支えるための筋力訓練の2種類が行われることになります。

 

まず可動域訓練では、変形性膝関節症の特有の症状である関節の動きにくさや動作範囲が限られていることの解消を目的に、ひざの曲げ伸ばし訓練を行うことになります。

 

その際にはいきなり曲げ伸ばしを行うのではなく、患部の関節や周囲の筋肉を解きほぐすことを目的にして蒸しタオルなどで温めることになり、十分に体を温めてから訓練することでより効果的に運動を行えます。

 

膝の負担を抑えながらトレーニングを

続いて筋力訓練についてですが、一般的な筋力トレーニングとは少々異なり無理のない負荷を与えることが重要になります。

 

鍛える場所は主に膝周りや太もも周りの筋肉で、仰向けに寝てたりいすに座った状態で足を上にあげる運動や、プールで水中歩行を行い脚を鍛える運動などが行われます。

 

とくに後者のプールでの運動は膝への負担を軽減することができますので、より安全で効果的なリハビリ法となります。

 

関連コンテンツ


変形性膝関節症で行われるリハビリ法の役割や訓練法の特徴などについてご紹介しています。