変形性膝関節症とサプリメントとの関係

このエントリーをはてなブックマークに追加  

サプリメントの働きや真相について

以前よりサプリメントを常用する方は非常に多く、手軽に健康をサポートできることから様々な栄養成分を配合した製品が販売されているのですが、変形性膝関節症を発症していた場合に効果があるサプリはあるのでしょうか。

 

サプリメントで症状緩和を

まず膝や関節などの痛みに効果があるサプリメントとしては、コラーゲン・グルコサミン・コンドロイチンなどが配合された製品を多く見かけます。

 

コラーゲンとは肌や骨などはもとより軟骨にも多く含まれていることから、年齢とともに失われがちな軟骨を補うために摂取することが勧められ、グルコサミンは軟骨に含まれているプロテオグリカンと呼ばれる重要成分を体内で生成する際に必要となる成分になります。

 

またコンドロイチンは体内でプロテオグリカンと呼ばれて軟骨に多く存在しており、軟骨の持つクッション性におおきな役割を担っており、それぞれで膝に対し効果をもたらします。

 

購入時には成分をチェック!

この中でも特にコンドロイチンはサプリだけでなく医療用医薬品としても利用されており、関節痛が腰痛の際に注射器で直接体内に注入することもあるのですが、サプリメントとして見た時に変形性膝関節症にどこまで効果があるかは未知数となります。

 

というのもサプリは医薬品ではありませんので変形性膝関節症に効き目があるかは不明であり、加えてサプリは経口で摂取しますので体に取り込まれる前には消化吸収の過程を経ることになるのですが、その際に分解されて栄養素の一つとして吸収されることになり、必ずしも結合体としての形状を維持させているとは限りません。

 

例えばコラーゲンはタンパク質の一種になりますので、コラーゲンを多く摂取したから必ずしもそれがすべて関節に向くとは限らず、タンパク質は全身で必要となりますので筋肉や肌の形成など他で使われる可能性が高くなります。

 

またサプリの製造メーカーによっては効果のほどは異なり、配合量やどのような加工がなされているかによっても大きく変わることになりますので、購入に際しては細かな点までしっかりチェックしておく必要があります。

 

関連コンテンツ


変形性膝関節症に対してサプリメントにはどういった働きが期待できるのか、真相などについてご紹介しています。