変形性膝関節症って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

どういった病気なの?特に50歳以降の●●は注意が必要!

年齢を重ねる中では体に様々な異変や不調があらわれてくることになり、健康診断で見つかる病気もあれば気がつかないうちに症状が進行する疾患もあります。

 

特に足腰は弱くなると共に様々な部位で痛みや違和感が生じることもあるのですが、そうした中には変形性膝関節症と呼ばれる疾患が発症することがあります。

 

変形性膝関節症は身体にどのような影響を与えるか?

膝関節は日々動かすことから磨耗がしやすく、また若い頃にスポーツで怪我を負うこともあるため様々な疾患を抱える事があるのですが、このあまり聞くことがない変形性膝関節症とはどのような疾患なのでしょうか。

 

この変形性膝関節症とは、膝関節でクッションの役割を持つ軟骨がすり減ったことや筋力が低下したことで生じる疾患を指していて、発症要因により一次性と二次性に分かれています。

 

症状としては膝に違和感や痛みを感じるようになると膝の関節に炎症が起きることになり、状態が悪くなると膝が曲がりにくくなると共に痛みの程度が強くなります。

 

こうした症状を日々感じる方は意外と多いのですが、この疾患の場合はとくに中高年の方が多く発症することになり、また50歳以降の女性になると患者さんの数が非常に多く増えてきます。

 

自覚症性が出にくいので早めに対策を

まだ初期段階であれば膝の違和感を覚える程度になりますので、疲労であったり年のせいだろうと安易に判断することも多くあるのですが、膝に負担がかからないように体を休めても一時的に痛みが取れる程度となり、症状の進行を止めることはできません。

 

この段階で医師の治療を受けていれば症状の進行を遅らせることができますので、以前のような膝に戻ることはないもののそれ以上の苦しみを伴うことはありません。

 

しかしこの疾患が厄介なのは自覚症状が感じにくく、我慢し多少は無理をして体を動かす方が多い点で、さらに症状が悪化して中期から末期になると膝が曲がりにくいなど生活に支障が生じるレベルになり、最終的には動きにくいことから活動範囲は著しく狭まり家から一歩も出ないようになるケースも多くありますので注意が必要になります。

変形症膝関節症の発症と年齢について

年齢を重ねる中でおよそ中高年になると膝に違和感や痛みを感じることが多くなり、変形性膝関節症と診断されることもあるのですが、この症状は具体的に何歳くらいから発症するようになるのでしょうか。

 

小さな違和感から始まるので早期発見を

この変形性膝関節症の場合は他の疾患のようにあるときを境に急に発症するものではなく、特性として時間の経過とともに徐々に進行していくことがポイントとしてあげられます。

 

初期症状はおよそ40代から50歳代のころより症状が出てくるようになり、この段階では必ずしも痛みを伴うわけではなく小さな違和感を覚える程度で、膝に硬ばりを感じて少々の刺激も感じるようになります。

 

この段階で違和感をしっかりと自覚して適切な治療を行えば、そこから先の症状の進行を食い止めることができるのですが、初期対応の段階を過ぎてしまい60歳代にはいると違和感からはっきりとした痛みやひざ関節が動かしにくくなることを自覚するようになります。

 

この段階では症状としては中程度になるのですが、歩きはじめや階段を上り下りする際に動かしにくく痛みを感じるようになります。

 

さらに60歳代の内には症状が進行して慢性的な痛みを感じるとともに、患部である膝関節の骨が変形するなど状況としては非常に悪くなり、最終的には大きな手術が必要となります。

 

年齢や老化だけではなく生活習慣にも気をつける

つまり変形性膝関節症が何歳から生じるかといえば、はじまりはおよそ40歳代から50歳代のころになりますので、この年代の方の場合には体の健康状態について様々気を使うところとなりますが、膝に関しても見落とすことなく日々しっかり確認を行うことが重要になります。

 

また変形性膝関節症は加齢だけでなく肥満など他の要素によっても引き起こされることもありますので、何歳から生じやすいなどの目安は個々の人によっても必ずしも当てはまるわけではなく、一般的な年代よりも若い方でも注意が必要になる場合もありますので、ご自身の健康状態についてはしっかりと留意しておきましょう。

全国にいる変形性膝関節症患者について

ご自身の周囲を見渡した時に、年齢が高くなるにつれ膝に痛みを抱える方は増えてくることになるのですが、一方で変形性膝関節症の場合は病名があまり一般的でないことから患者さんの話を聞くことはありません。

 

変形性膝関節症にかかる方は意外と多い

話として聞くことが無いから安心かと思いきや、実は厚生労働省がおこなった調査によると全国の変形性膝関節症患者は自覚している方だけでおよそ1000万人とされていますので、数としては非常に多くなります。

 

人口1億2千万人に対して1000万人になりますので、およそ12人に1人と聞けば非常に大きな割合となるのですが、一方で症状を自覚していない潜在的な患者数も含めたときにはさらに人数が増えることになり、全国ではおよそ3000万人にも及ぶとされています。

 

全国の3人に1人となれば国民病といっても過言では無く、またこの数字は国民の死亡原因のうちガンを原因に死亡した割合と同様になります。

 

ガンに関しては日ごろから生活習慣を気にかけたり保険に入るなど様々な対策を行うものですが、一方で変形性膝関節症に対する準備をしている方はほぼ皆無になりますので、いずれ発症した場合のリスクについて考えれば制度も個々の人の意識も不十分となります。

 

変形性膝関節症の特徴

またこの変形性膝関節症の特徴として中高年の方が発症しやすい事がありますので、40歳代または50歳代以上の方のそのほとんどが症状を抱えている可能性が高くなります。

 

40歳代以上に限定した調査では性別による患者数の違いにも話が及んでおり、男女の性差による発症の確率が明確に示されています。

 

40歳以上の変形性膝関節症患者に関しては総数でおよそ2530万人となるのですが、その中で男性はおよそ860万人の患者数に対して女性はおよそ1670万人にも及ぶとされています。

 

つまり変形性膝関節症患者を男女で比較した場合に女性は男性のおよそ2倍になりますので、発症するリスクは2倍近くに及ぶものと考えられ、女性の方の場合はなおさら発症しないよう予防することが重要になります。

 

関連コンテンツ


変形性膝関節症とはどういった疾患なのか、発症することで身体にどのような影響を与えるのかをご紹介しています。